オメガの修理110番 » 症状別オメガ故障&修理事例 » ベルトの劣化

ベルトの劣化

ベルトが留まらない、ベルトのピンが緩く抜け落ちる、コマがなくて調整できないなど、オメガのベルト交換や修理事例について紹介していきます。

オメガのベルトが留まらない場合の修理・交換

ベルトが固定できない、時計を外すプッシュボタンの調子が悪いなどの症状は、オメガのベルトには結構あるようです。

まず、考えられるのがベルトを交換すること。ただ、高級時計のオメガですから、ベルトもかなりの額がします。特に金属製のベルトだと10万円前後になるケースも。

状態がよいベルトであれば、破損している部分のみの交換や溶接修理で対応できる場合もあります。この場合、交換部品と技術料だけで済むので、費用を抑えられるでしょう。

ただ、ベルトの劣化がひどい場合は、交換するしかありません。

オメガのベルト交換の相場

オメガのベルトのピンが緩く抜け落ちる

ベルトのピンが緩い、すぐに外れてしまうといった症状も、意外と多い修理案件です。この場合、ピンの交換を検討しましょう。ピンが抜け落ちると、ブレスレットの形状を保てず、バラバラになってしまうこともあります。そうなれば、一式交換するしかありません。

手元に余っているピンがあれば、それを使うことで修繕コストを抑えてくれる時計修理店もあります。

オメガのピンの交換の修理相場

オメガのベルトサイズの調整

ベルトのサイズを調整する際には、ピンを抜き取ってコマを調整する必要がありますが、このコマが手元になく調整できなくなった場合は、新たにコマを増やすしかありません。

コマも素材によって価格が変わります。特に純正品のコマのなかには、入手困難なものもあるようです(チタン製はメーカーでなければ入手困難といわれます)。

「腕が太くなったからサイズを大きくしたい」という要望だと、コマも多く必要になりますので、部品代もかかります。ベルト交換費用のほうが安い場合もありますので、修理代を比べながら検討しましょう。

オメガのコマ追加・交換などの修理相場

当サイトでは、オメガの修理専門店・チェーン・オメガ正規店に修理見積もり依頼を出した結果を掲載しているので、安くて信頼できる行きつけショップを見つけたい人は、ぜひ活用してください。

オメガの修理見積もりを
3社に出した結果はコチラ

オメガの修理
見積り価格3社比較

スペック:オメガスピードマスター/クロノグラフ/自動巻/10年前に購入以降オーバーホールなし
修理内容:ゼンマイ・切替車・裏蓋パッキン・バンドピン・バンドピン用パイプの交換・オーバーホール

時計修理工房
なんぼや
見積金額
63,700
カナルクラブ
見積金額
46,200
スウォッチ
(オメガ正規店)
見積金額
83,600
       

※修理専門店でオメガスピードマスターのオーバーホールが2020年4月現在最安値の「カナルクラブ」、チェーンの大手「なんぼや」、オメガ正規店である「スウォッチ」の3店に見積もり依頼し、その結果を掲載しました。
※見積もり期間は2020年1月~4月です。