オメガの修理110番 » 症状別オメガ故障&修理事例 » オメガのカレンダーに不具合がおきた

オメガのカレンダーに不具合がおきた

カレンダー機能が搭載されている時計は、時間だけではなく日付もチェックできるため人気があります。日付のみや曜日も確認できるモデルなど、種類も豊富です。オメガの時計にもカレンダー機能を搭載しているものがあります。ここでは、オメガのカレンダーに関する不具合や対処法についてご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

オメガのカレンダーの不具合の原因とは?

カレンダー機能の不具合でもっとも多いのは、曜日や日付が変わらなくなることです。日付が変わるだけのシンプルな機能なので、構造もシンプルだと思われがち。しかし、実際には繊細で複雑な構造をしています。普段から気を付けて見ていないと、いつの間にか止まっていることもあるようです。

原因はいくつかありますが、なかには故障以外の原因も。ここでは、カレンダー機能にトラブルが起こる原因について紹介していきます。

カレンダー設定の問題

ここからは、故障ではない場合のケースを紹介します。

製品によって、カレンダーの調節が必要なこともあります。調整していない場合、カレンダーが切り替わらないため、故障しているように見えるでしょう。

さらにカレンダーの日付が切り替わるタイミングも、製品によって異なります。最初に購入した際、カレンダー機能についてしっかり確認すると安心です。また手動でカレンダーを頻繁に切り替えると、内部で部品が引っ掛かり動かなくなることもあります。

カレンダーに不具合が起きた場合、故障ではないことも考慮し、日付の調整をしたり様子を見たりしましょう。それでも改善されない場合、故障している可能性が高いです。

カレンダーを動かす部品の破損

カレンダーは、内部の「日送り車」「早送り車」などの歯車で動いています。

日送り車の役割は、時計の針と連動しカレンダーを動かすことです。一方で早送り車は、リューズと連動しカレンダーを操作できるようにします。そのため、カレンダーを手動で動かせない場合や自動的に切り替わらない場合、歯車が破損している可能性が高いでしょう。

時計内部の部品は、非常に精密に作られており、外部からの強い衝撃で破損することもあります。強くぶつけてしまったり手動で何度もカレンダーを操作したりすると、歯車の破損につながるでしょう。

部品の油切れ

時計内部の部品は、使用年月に応じて摩耗していくため、長く使うほど劣化します。そこで、油を部品に塗ることで摩擦を軽減します。しかし、使用しているうちに、部品に塗られた油は減少します。油が切れてしまうと、摩耗によるダメージで部品が破損してしまうことも。さらに油は、時間が経つほど劣化するため、チリやホコリを引き寄せます。これらの異物が原因で、歯車が正常に動かなくなる要因にもなります。

オメガのカレンダーに不具合が起きたら

カレンダー機能の不具合には、さまざまな原因があります。単に調整が必要な場合や一時的な部品の引っ掛かりによる不具合であれば、自分で調整したり様子を見たりすることで改善されるでしょう。

しかし、部品の破損や油切れが原因でカレンダーが不具合を起こしているケースでは、自分で対処することは難しいです。調整や様子見をしても、カレンダーの不具合が解消されなければ、時計店で修理してもらうことをおすすめします。

カレンダーの不具合を防ぐためには、定期的なオーバーホールが重要です。部品の摩耗や油切れを防ぐためにも、オーバーホールの目安時期が来たら時計店へ持ち込みましょう。

当サイトでは、オメガのオーバーホールをお願いできるお店を調べ、価格とGoogle評価を掲載しているので、安くて信頼できる行きつけショップを見つけたい人は、ぜひ活用してください。

オメガのオーバーホール
最安3社はコチラ

オメガの修理
見積り価格3社比較

スペック:オメガスピードマスター/クロノグラフ/自動巻/10年前に購入以降オーバーホールなし
修理内容:ゼンマイ・切替車・裏蓋パッキン・バンドピン・バンドピン用パイプの交換・オーバーホール

時計修理工房
なんぼや
見積金額
63,700
カナルクラブ
見積金額
46,200
スウォッチ
(オメガ正規店)
見積金額
83,600
       

※修理専門店でオメガスピードマスターのオーバーホールが2020年4月現在最安値の「カナルクラブ」、チェーンの大手「なんぼや」、オメガ正規店である「スウォッチ」の3店に見積もり依頼し、その結果を掲載しました。
※見積もり期間は2020年1月~4月です。