オメガを長く使い続けるために。時計修理の情報サイト

HOME » 症状別オメガ故障&修理事例 » 傷が付いた

傷が付いた

本ページでは、ベルトやブレスレットの傷付き、ガラスのひび、文字盤の汚れなど、オメガの外観に関する故障や修理事例について紹介していきます。

落としたりしてオメガの外観を損ねてしまったら…

まずはガラスやプラスチック風防について。

誤って落下させてしまったり、腕に装着している状態で何かにぶつけてしまい、ガラスやプラスチック風防が割たりヒビが入るということは、時計に関するトラブルとして起こりがちです。

基本的にはメーカー純正ガラスを取り寄せて交換になります。純正ガラスはメーカーまたはモデルによってかなり価格差があるので確認は忘れずに。

また、モデルが製造中止になっている場合は、特別オーダーで対応できる場合もあります。

例えばミネラルガラスなら1万円から、サファイアガラスなら2万円から、プラスチック風防なら 12,000円位から依頼することができます。

これらのガラス代プラス交換工賃は5,000円位からという感じです。


次に、文字盤の表面について。

経年変化や水分の混入などにより、変色や塗料の剥離ヒビ割れなどが起こります。

一番確実なのはメーカー純正の文字盤との交換です。こちらもガラス同様、メーカーやモデルによって価格差があるので要確認です。

製造中止などの場合、技術のある修理店なら文字盤プリントで対応してくれ、料金は 1万円位から。無論メーカーやモデル、材質、装飾の有無などによって変わってきます。

革ベルトやブレスレット、ケース部分の傷や破損

まずオールドタイプのオメガに使用されている革ベルトは、幅や材質、色などでオーダーできます。

通常のカーフ(牛)革で 15,000位から、 ワニ革で 17,000円位からとなっています。

また、製造中止などの場合でも、技術のある修理店ならロー付けやレーザー溶接などで修理対応してもらえます。

ロー付けは6,000円位から、レーザー溶接は18,000円位からとなっています。


次に金属製ブレスレットについて。

オメガは他のブランドに比べるとブレスレットが弱いという傾向があります。特にコンステレーションはピンが抜けやすいとの報告もあります。

一方、ブレスレット全体の交換は部品だけで、5~6万円となる場合がほとんどです。

そこでおすすめしたいのが、ピンやコマ単位での対応をしてくれる修理店です。単純にピンやパイプが抜けた場合などでは部品代2,000円程度で対応してもらえます。

なお、ブレスレットは腕にぴったりの長さで設定するとピンやパイプなどに負担がかかりトラブルの原因となるため1コマ余分に付ける位がよいとのこと。


さらにケースやブレスレットについた傷は、ポリッシュという磨きの技術で対応してもらえます。

革ベルトでケースのみの場合で1万円位から、金属ブレスレット付きの場合で15,000円位からとなっています。

メッキやチタン、デザイン上制約のあるものなどを除けば、対応できるそうです。

 
オメガの修理110番