オメガの修理110番 » 症状別オメガ故障&修理事例 » リューズの不具合(かたい、ゆるい、外れる)

リューズの不具合(かたい、ゆるい、外れる)

リューズが重い、巻けない、空回りするなど、オメガのリューズに関する故障や修理事例について紹介していきます。

オメガのリューズが
重いときの原因と修理

リューズが重くて巻きにくいという症状は、リューズ部分のパッキンにゴミが詰まっていたり、油が切れていたりしたときに生じる症状です。この場合、リューズ部分を分解して付着したゴミを取り除く、潤滑油を注油するといった処置が必要になります。

また、時計を落とした際にリューズの頭を強くぶつけるなどした場合には、内部のチューブが変形し、リューズが重くなることがあります。そのまま放置すると、ムーブやケースなどにも影響を与える恐れがありますので、リューズの交換が必要です。

オメガのリューズ交換などの修理相場

オメガのリューズが
空回りするときの修理

リューズにゴミが詰まっているのに気づかず、そのまま使い続けるとねじ山が摩擦で磨耗し、リューズが空回りする(ねじ込めない)状況になることがあります。この場合、リューズを交換するしかありません。

少しでも長く、正常に動く状態に保つには、歯ブラシなどでねじ山に付着したゴミを取り除くなど清掃するのも効果があります。また、数年に一回はオーバーホールを依頼し、時計内部に詰まったゴミを取り除き、使えない部分を交換してもらいましょう。

オメガのリューズ交換などの
修理相場

オメガのリューズが
抜けたときの修理

これもリューズや部品の摩耗が原因で、抜けてしまうという故障です。リューズ部分の油が切れた状態で使い続けた場合などで、こうした症例がみられます。

この場合、摩耗した部品を取り換えるしかありません。リューズだけでなく、場合によってはゼンマイや巻き真などの部品交換も必要でしょう。巻き真とは、リューズと内部の機械をつなぐ部品で、このねじが緩んでリューズが抜けることがあります。ねじをしっかり締め直すことで修理できる場合もあるので、専門店に相談してみましょう。

症状が重い場合は、オーバーホールで全体をチェックしてもらったほうが安心かもしれません。時計内部の清掃から破損部品の交換、注油をしてもらうことで正常に使えるオメガ時計によみがえります。

オメガのパーツ交換の修理相場

当サイトでは、オメガの修理専門店・チェーン・オメガ正規店に修理見積もり依頼を出した結果を掲載しているので、安くて信頼できる行きつけショップを見つけたい人は、ぜひ活用してください。

オメガの修理見積もりを
3社に出した結果はコチラ

オメガの修理
見積り価格3社比較

スペック:オメガスピードマスター/クロノグラフ/自動巻/10年前に購入以降オーバーホールなし
修理内容:ゼンマイ・切替車・裏蓋パッキン・バンドピン・バンドピン用パイプの交換・オーバーホール

時計修理工房
なんぼや
見積金額
63,700
カナルクラブ
見積金額
46,200
スウォッチ
(オメガ正規店)
見積金額
83,600
       

※修理専門店でオメガスピードマスターのオーバーホールが2020年4月現在最安値の「カナルクラブ」、チェーンの大手「なんぼや」、オメガ正規店である「スウォッチ」の3店に見積もり依頼し、その結果を掲載しました。
※見積もり期間は2020年1月~4月です。