オメガを長く使い続けるために。時計修理の情報サイト

HOME » 安心してオメガを任せられる時計修理店リスト » カナルクラブ

カナルクラブ

本ページでは、東京都台東区上野に本拠を構え、1970年の創業以来40年の歴史を持つ時計修理店、カナルクラブについて紹介していきたいと思います。

40年の歴史と月間600本の実績のあるオメガ修理店

カナルクラブのHP 会社名 カナルクラブ
住所 東京都台東区上野 5-25-1  イトウビル1F
アクセス JR御徒町駅より徒歩3分
URL http://www.watch.ne.jp/

カナルクラブは、長い歴史を誇る時計専門の修理店で、現在でも月間600本の修理を請け負っているという業者です。一般の顧客からの依頼はもちろん、ブランド買取店や大手質店からまとまった数の高級時計のオーバーホールを依頼されることも多いとのこと。

その理由としてはまず、修理技術の高さが挙げられています。カナルクラブの修理部門では、時計修理技能士1級の資格をもつ技術者の指導のもとで時計修理を学んだ技術者たちが、日夜その腕を発揮。内部の修理はもちろん、外観のポリッシュ技術などにも長けており「まるで新品のようになる」と、業界内でも高く評価されています。

なかでもオメガに対する経験や実績が豊富にあり、最新モデルからオールドモデルまで幅広く対応しています。

また、こだわりとして純正部品の使用を徹底しており、サードパーティー部品の使用により修理の制度が落ちないよう配慮がなされています。

さらに特筆すべきは、カナルクラブではプラスチック風防・リューズや、内装部品まで、かなり古い部品も現存。いわゆるオールドオメガでも純正部品での修理が期待できるとのこと。

なお、製造中止などでどうしても純正部品が入手できない場合に限り、持ち主の了解を得た上で、部品を同社自身で作成することもあるそうです。

オメガの修理を依頼できる評判の時計修理店リスト≫≫

手巻き・自動巻きのオーバーホールは16,000円から

では気になるオーバーホール料金について見ていきましょう。カナルクラブではオメガのオーバーホール料金は、モデルごとではなくムーブメントの種類ごとに設定されています。

まず手巻きと自動巻きの場合は16,000円から。デ・ビルや、シーマスター、コーアクシャル搭載のオートマチックモデルなどが該当します。

クロノグラフは24,000円から。スピードマスターと、クロノグラフ機能を持つ一部のシーマスターやデ・ビルが該当します。

またスプリットセコンドは35,000円からとなっています。クォーツモデルも対応しており、こちらは13,000円から。オールドモデルは24,000円からとのこと。

他社と比べると基本料金が安価であることが見てとれます。カナルクラブでは企業努力によって、この基本料金を抑えるようにしているとのこと。

また修理の依頼者に対して、時計の内部パーツが壊れにくいような扱い方も指導。交換部品を抑えれば、定期ホーバーホールの料金だけで長く愛用できるようになるという方針をとっています。この辺も、長年の顧客からの信頼が窺えます。

全国から宅配での依頼も受け付けており、専用梱包キットも無料送付してもらえます。

見積もりは無料で期間10日ほど、修理期間は1ヵ月ほどで、修理後の保証期間は1年間となっています。これらを総合的にみて、数ある時計修理店のかなでも、かなりの優良店と言っていいのではないかと思います。

 
オメガの修理110番