オメガを長く使い続けるために。時計修理の情報サイト

HOME » 安心してオメガを任せられる時計修理店リスト » ウォッチ・ホスピタル

ウォッチ・ホスピタル

ウォッチ・ホスピタルのオメガの修理の特徴や会社概要などについてまとめてみました。

オメガの修理をしてくれるウォッチ・ホスピタルの特徴

ウォッチ・ホスピタルのHP画像 会社名 ウォッチ・ホスピタル
住所 東京都千代田区神田須田町2-2-7
アクセス 都営地下鉄岩本町駅A1出口徒歩3分
東京メトロ神田駅6番出口徒歩4分
JR秋葉原駅・神田駅徒歩6分
URL http://www.watch-hospital.net/

ウォッチ・ホスピタルが目指すのは、その店名が示す通り、時計の主治医。故障してから直すのではなく、故障する前に未然に防ぐことをコンセプトに、大切な時計をより良い状態で長い間使い続けるためのさまざまなお手伝いをしてくれます。

そんなウォッチ・ホスピタルには、まさに病院と同じカルテのサービスがあります。このカルテには、時計の基本情報はもとより、修理内容、精度調整、保証期間、技術者コメントが記載されていて、時計の“健康状態”を一目で確認できるようになっています。店頭まで行かなくても、ウェブ上で簡単に確認できるのもうれしいところです。

メンテナンスの時期は一般的に、機械式時計で2~3年に1度、クォーツ式時計で3~4年に1度と言われていますが、こうした定期的なメンテナンスを行うことで、故障のリスクをだいぶ軽減できるとのこと。あなたの大切な時計の主治医として、利用してみてはいかがでしょうか。

ウォッチ・ホスピタルのオーバーホール価格

ウォッチ・ホスピタルのオメガのオーバーホール(修理)料金は、クォーツ15,750円(29,400円)、手巻き17,850円(32,550円)、自動巻き17,850円(32,550円)、機械式クロノグラフ28,350円(57,750円)。カッコ内の価格は、メーカー正規料金です。

代替パーツによる割安修理も可能

メーカー正規料金に比べて、ウォッチ・ホスピタルの料金はなぜこれほどまでに安いのか?その理由は2つあります。

1つは、メーカー供給の純正パーツのほか、代替えパーツを使っての修理も提案しているため。「純正品にはこだわらない」「できる限り費用を抑えたい」といった人にはおすすめです。

理由のもう1つは、実店舗とネットサービスを組み合わせた運営を行っているため。たとえば時計情報の入力などはお客の側で行うため、そのぶんコストが削減され、修理料金に反映される仕組みになっています。

ちなみに、「店頭まで持って行けない」という人のために、宅配による修理依頼にも対応しているとのこと。見積りや送料は無料。また「精密機器ボックス」を使って集荷してくれるので、安心して依頼することができます。

 
オメガの修理110番