オメガの修理110番 » オーバーホールの基礎情報 » オメガの最適な保管方法とは?

オメガの最適な保管方法とは?

オメガの時計を保管するときの注意点をご紹介します。大切な時計を適切に保管して、よいコンディションを維持する方法を解説いたします。

オメガの適切な保管方法

時計とはいっても精密機械であることを忘れずに適切な環境で保管しておくことが大切です。最適な環境と一口に言っても機械式、クォーツ式の場合では、少しずつ変わるのでチェックしてみてください。

機械式の時計

機械式の場合、最も注意したいのが「磁気」です。オメガなどの腕尾計を保管するときは、磁気を発生させるものから離して保管することが大切です。例えば、パソコンやスマートフォンなどの電子機器から距離を保たせて保管できるでしょう。

自動巻きの時計であれば、そのまま保管しておくとゼンマイを巻き上げることができずに止まってしまいます。ワインディングマシンなどを活用して止まらないように保管しておくこともできるでしょう。もちろん毎日のように使うことがあるならば、ワインディングマシンがなくても動きによってゼンマイの巻き上げができます。

クォーツ式の時計

クォーツ式の時計であれば、電池が入っているのでそのまま保管してもよいというイメージがあります。確かに機械式時計のように動かさなくても問題はないのですが、可能であれば電池交換をしてから保管することをおすすめします。

それも電池が切れて長期間保管していると、電池の液漏れによって内部を劣化させ故障の原因になるからです。長期保管する予定があるならば、電池交換をしてから保管しておくと、思わぬ故障を防げるでしょう。

時計の大敵となるもの

時計を永く使うために、適切な状態の環境に保管するかは非常に重要です。時計を保管するうえで大敵となるものをご紹介します。

温度差

温度差が激しいところは、オメガなどの高級時計の保管場所として適切ではありません。気温が5度から35度を目安として、高温多湿な場所を避けましょう。機械式時計はゼンマイを動力としていますが、気温差によって部品が伸び縮みしてしまいます。

室温は気候によるところも大きいとはいえ、その差が激しくなる場所では保管しない方が無難です。

また、防水であってもお風呂などは温度差が激しくなるので注意しましょう。温度差が大きくなるだけでなく、洗剤などのパッキンを劣化させる要因もあるので、持ち込まないようにしてください。

磁気

電子機器があるところには磁気が発生しています。磁気は時計のムーブメントに影響を及ぼしますので、磁気を発しているもののそばは保管場所には適していません。スマートフォンの近くに時計を置いておくこともできれば避けると良いしょう。

磁気は見えないものですが、一度影響を受けてしまうと、正確に時を刻むのが難しくなるほどの影響を与えてしまいます。また脱磁器を使用して時期を除去する必要があるので、日頃から磁気の影響を受けないところで保管しましょう。

衝撃

時計は精密な部品が組み合わされているので、衝撃は避けたいものです。保管場所として落下の可能性がある場所は適していません。また振動が定期的に発生するところも保管場所には向いていないでしょう。

オメガを保管するときの注意点

オメガを保管するときの注意点を見ていきます。主に4つのポイントを考慮して保管するとよいでしょう。

汚れを落としてから保管

汚れを落としてから保管することです。ケースやブレスレットについた汚れは放置すると除去するのが難しくなります。さびやカビの原因ともなりえますので、きれいに汚れを落としておきましょう。

革ベルトは乾燥させる

革ベルトは湿気に弱いものですので、よく乾燥させてから保管します。水分が残っているとカビが発生したり、臭いの原因となったりします。

リューズを締める

リューズを締めることも保管の際に気を付けたいポイントです。リューズの隙間から湿気が入り込んで、内部のムーブメントに影響が出ることもあります。保管する前にリューズにゆるみがないか確認しておきましょう。

ワインディングマシーンを使う

オメガが機械式時計ならワインディングマシーンを使うこともおすすめです。ワイディングマシーンは腕に付けずとも自動巻き式のゼンマイを巻いてくれる装置です。時計が自動巻気の場合、定期的にゼンマイ動かさなければ時計が止まってしまいます。そこでワインディングマシーンを使うことで、時計が動いたままの状態を保てます。内部の潤滑油が切れる原因を避けることにもつながるので、自動巻きならワインディングマシーンの利用を考慮しましょう。

オメガの保管方法に注意して大事に使う

オメガの時計は高級なだけでなく、大切に使うことで永く利用できます。また適切な環境で保管することで時計の価値を維持することもできるでしょう。保管するときに注意していないなら、故障の原因になったり、思わずトラブルが発生したりすることがあります。注意点を考慮して、時計に適切な環境で保管しておきましょう。

オメガの修理
見積り価格3社比較

スペック:オメガスピードマスター/クロノグラフ/自動巻/10年前に購入以降オーバーホールなし
修理内容:ゼンマイ・切替車・裏蓋パッキン・バンドピン・バンドピン用パイプの交換・オーバーホール

時計修理工房
なんぼや
見積金額
63,700
カナルクラブ
見積金額
46,200
スウォッチ
(オメガ正規店)
見積金額
83,600
       

※修理専門店でオメガスピードマスターのオーバーホールが2020年4月現在最安値の「カナルクラブ」、チェーンの大手「なんぼや」、オメガ正規店である「スウォッチ」の3店に見積もり依頼し、その結果を掲載しました。
※見積もり期間は2020年1月~4月です。