オメガの修理110番 » モデル別オメガ故障&修理事例 » レイルマスター

レイルマスター

オメガキャプチャ

引用元:https://www.omegawatches.jp/ja/watches/seamaster/railmaster/the-collection/product

レイルマスターの特徴やよく修理に出される事例を紹介していきます。

レイルマスターの歴史や特徴

レイルマスターのレイルとは、鉄道を指します。発売された1957年、鉄道は蒸気機関からディーゼル機関に移行していました。そこで起こったのが、磁気帯による時計の不具合です。

通常の時計は60ガウス程度しか耐えることはできませんでしたが、このレイルマスターは当時でも最高峰の1,000ガウスの耐磁性を持つハイスペックブランドとして発売されました。

これほどのオーバースペックとなった要因は、レイルマスターの原型にあるといわれています。1950年代、イギリス空軍では機内で発生する磁気による時計の狂いを問題視していました。そこでオメガに磁気を受けないミリタリーウォッチを要請したのだそうです。

軍事需要による技術革新と時代の流れがこのレイルマスターを生み出したといえるでしょう。しかしながら、同じマスターと名を持つシーマスターやスピードマスターほどの人気を得ることはできず、廃盤となりました。

廃盤となった原因は1,000ガウスの耐磁性を獲得するために採用した手巻きのムーブメントだといわれています。ロレックスなどの競合他社が採用した自動巻きムーブメントのほうが、耐磁性には劣るものの、手軽であるとのことから人気を博していたそうです。

2003年にレイルマスターの名前が復刻し、2017年には当時の超耐磁性能を大幅に超過した15⁠,000ガウスの耐磁性を持つレイルマスターが復活しました。

レイルマスターでよくあるトラブル

レイルマスターの特徴は手巻き・自動巻きのムーブメントです。手巻きのムーブメントは、リュウズを回してゼンマイを巻き上げなければいけません。この巻き上げの時、いっぱいまで巻いてしまうとゼンマイが切れてしまうことがあります。

自動巻きの場合、時計を振ることで時計内部のロ―ターが動き、ゼンマイを巻き上げます。強く時計を振ったりすると、ローターにがたつきが出てゼンマイが巻き上げられなくなるといった故障の原因になります。

また、機械式時計にありがちな故障の原因として、長期間放置による潤滑油の劣化、汚れといったものによる精度不良があります。こまめにゼンマイを巻き上げることである程度防げますので、注意しましょう。

経年劣化はどの時計にもつきものです。特に機械式の場合は、内部部品の摩耗があるため、3~4年に1回はオーバーホールをして、劣化状況を確認しましょう。オメガ特有のコーアクシャルムーブメントも例外ではありません。

レイルマスターのオーバーホールの相場

レイルマスターは機械式が1.8万円~。磨きや研磨などが入ると追加で1.6万円程度かかるといわれています。

コーアクシャルは2.4万円、クロノグラフは2.8万円です。

オメガ純正店に修理を依頼すると2年間の保証がつきますが、通常の機械式は7.4万円、クロノグラフは10万円以上が相場となっています。

レイルマスターのオーバーホールの事例

レイルマスター

時計が止まってしまった事例です。オーバーホールとパッキン交換交換で対応されたとのこと。

費用に関しては記載されておりませんでした。機械式時計は潤滑油の劣化でゼンマイが動かなくなってしまうので、定期的なメンテナンスを心がけましょう。

参照元:https://tudor.eshizuoka.jp/e918462.html

レイルマスター Ref.2503.52

オーバーホールの依頼をされた事例です。機械式のコーアクシャルムーブメントを搭載した現代版レイルマスターです。

オーバーホール+研磨で31500円だそうです。

参照元:https://muramatsu.eshizuoka.jp/e918535.html

シーマスター レイルマスター

こちらもオーバーホールでの依頼をされた事例です。裏パッキンの交換とオーバーホール・超音波洗浄簡易磨きで対応されたとのこと。

費用については記載されていませんでした。

参照元:https://www.inouewatch.com/repair-results/1295

レイルマスター Ref: 168.1111

コーアクシャルムーブメント搭載のレイルマスターです。パッキン・ばね棒の交換と、オーバーホールで対応された事例です。

費用については確認できませんでした。

参照元:http://www.3time.jp/jisseki_omega.html

オメガのオーバーホール
最安3社はコチラ

オメガの修理
見積り価格3社比較

スペック:オメガスピードマスター/クロノグラフ/自動巻/10年前に購入以降オーバーホールなし
修理内容:ゼンマイ・切替車・裏蓋パッキン・バンドピン・バンドピン用パイプの交換・オーバーホール

時計修理工房
なんぼや
見積金額
63,700
カナルクラブ
見積金額
46,200
スウォッチ
(オメガ正規店)
見積金額
83,600
       

※修理専門店でオメガスピードマスターのオーバーホールが2020年4月現在最安値の「カナルクラブ」、チェーンの大手「なんぼや」、オメガ正規店である「スウォッチ」の3店に見積もり依頼し、その結果を掲載しました。
※見積もり期間は2020年1月~4月です。